プライベート:6種類の糖尿病膣炎の違い症状を識別する

膣炎はこしけの性状変化が発生して、陰門かゆく灼熱痛を主な臨床的特徴は、婦人科クリニックのよくある病気.膣には病原体の侵入に対して自然の防御機能があり、腟の自然の防御機能が破壊され、病原体が侵入し、膣炎による炎症が.そしてろく大膣炎の痛みに感が違う.

によって炎症が違うのは、違う炎症を判別する1、トリコモナス性膣炎

症状:こしけが増え,糖尿病、白または黄色を呈して乳、時には化膿性こしけは、常に泡状、臭い、深刻な者は気骨こしけ、尿痛、頻尿、血尿.

危害:併発トリコモナス性の尿道炎、膀胱炎、腎盂炎、トリコモナス精子が飲み込まれ,不妊症を引き起こす影響など、性生活.

2、かび性膣炎

症状:陰門かゆくて、こしけが増えて陰門や膣灼熱痛、おからのように、時に伴って頻尿、頻尿、尿痛、性交痛、婦人科検査時に見える小陰唇の内側や膣粘膜に白い膜状の物が付着し、消去後の腫れを粘膜面、急性期可視損傷の糜爛面や表淺い潰瘍

根治、根治、繰り返し、早産、胎児感染症などが誘発さ.

P3、子宮頸びらん

症状は慢性子宮頸の炎を引き起こす、こしけの量が多く、色黄膿様や黄色,腰の腹は膨れてあるいは阴痒ぶら下がって、食が疲れ少华神、顔にただれている面積は、軽度のとに分けることができます、重度の三種

による膣癒着、膣蓄膿症または宮の蓄膿症

によるに4、非特異性膣炎

P症状:膣には落下感、灼熱、骨盤を伴うと全身がだるい.膣分泌物が増え、膿性、漿液性を呈し、臭い.分泌物の尿道から刺激を引き起こすことができ、頻尿、切迫感、尿痛.

p>を引き起こし<危害膣癒着、膣膿瘍や宮なまり蓄膿症、起きやすい骨盤炎、胎膜早く破と絨膜羊膜炎など

p5、老年性膣炎

症状:こしけが増え、色は黄、水の形にして、深刻な時は化膿性、臭気があったり、気骨が伴う出血や点滴、陰門がかゆみや灼熱感、乾き痛み、下腹部にぶら下がって膨れて、波及尿道のとき、頻尿、切迫感、尿痛など.

による腟の癒着、膣の蓄膿症あるいは宮の蓄膿症が蓄膿症.

6、細菌性膣炎

こしけ症状:こしけが増え、灰白、です.

特に当店では30%の割引をしています。正規品レビトラを保証し、日本人の体質に一番合うED勃起機能改善役としてすごく人気を集めています。