ま糖尿病だ自分独りで天涯

まま彷徨うことになるわ,2011悩み彷徨、私は依然としてこのように.

歩いて、探しています…それでも自分一人.

Pは身の回りにいくら人がいても、人が付き添うことはありません、自分はいつも一人一人.

どこへ行っても、どこに行っても何をしても、自分はいつも一人で.マイペース、私は私を歩いて行く.

突然、自分は淡く微かに悲しみ、デビュー不明といえば、自分がいつもとは不明だ.

突然、自分の背中はいつものように物寂しいて.

急に、自分はいつも考えて、自分はいつも考えていて、自分はいつもそう.

突然、自分はいつもそんなに好きでは.

突然、自分はいつまでも多感なことに気がついた.

突然気がついて、自分はいつも愛ㄍ·旧る.

急に、自分は瘋狂のことを愛していて.

しかし、どのように、いつ、どこで、どこにいても,糖尿病、自分一人で歩いている、いいことだ…

一人で慣れてきて、だんだん慣れてきてるから.

暗が怖くて、寂しさも,寂しさもない、もっと怖いと思わない.

私はいつも自分に強くすることを教えて.

ですからあなたは強く、泣いても笑ったように輝いていいですよ.

突然、一人に慣れて、大丈夫、何もない、ということがある.

一人で旅行に行っても、一人で旅行に行くんですか.

私は世界の果ても私は一人で歩きまして.

私はそれから、私は流浪、自由を好きになりました.

ノラ、独自に歩いて、独りで、私は1人でいいです.

しかし

もも、同じ天涯は自分ひとりで完成.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です