点滴についての糖尿病感慨

人生はいつも

に少しのしようがなさは、しぶしぶ前にもかかわらず,糖尿病、先に未知であふれる雰囲気だけを生き生きと、より良い機会を得て、我々の手に握られている機会は、自分にしかないと言って、人生はいつも少し悲しいだけは、もの悲しい化を壮烈にもかかわらず、はすべての苦痛も化を壮烈、血気盛んで、ただいい自分が ,若い私たち今また資本、自分にしかない決心.

p>と<自分はそれでは敬虔で、そんなに真剣に、あんなに一生懸命歩いたそんなに長い、道を越え、跋渉のに、また歩いて戻った場所で、時には必要にさんざん落ちてしまい、ようやく自分の位置を、私は知らないで、私もあとどれくらいの道、私は甚だしきに至っては知らない私終点に着くかどうか、私が知っているだけの生活にはあまりにも多くの悲しみ離合、あまりにも多くの事志と違う、時には、私は本当に聞き流せる.

一歳にして、多くの道理が分かるのは、人の一生はかんばしくを祈念して、しかし私は心に恥じない、人生は短くて、良いもなく殘念ですが、音楽ではない乐都失望しないでください、元気に過ごしては素晴らしい、よくないことを経験し、人生は生きていて、一生長くない限り、あなたが心を尽くしても、必要はなくて殘念ですが、現実は悔恨より必要がない、すべてにピリオド.

そして、あなたが始まって前向きに進め、時には、私たちは痛みを出て行ったのですが、痛みは学会を持って生き続け、本当のそばに耐えて耐えて、でこぼこ平板で,いわゆる一人の成長は悲惨に直面する勇気も自分で選んで前に、誠実と1枚の顔選択の後で、1粒の心は決して変え、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です