糖尿病帰りに_

家へ帰る道、風が吹いて、道ばたのイネの長さが稲穂稲穂、鼻の中は1株の濃い▶の息をかぐているようにします.

車はそっと轢かて道を轢かて、その田舎で熟知する田原を見て、心も優しくなってきて、故郷!昔と同じ味.

少年時代、多くの思い出、一幕の幕は私の目の前にある.楽の,糖尿病、喜び、苦い、憂の、この道端の稲浪のように、起伏する経絡経絡明確、印は私の心の底.

車に乗って

家に着いて、ドアが閉めて、父を手に持っている農具を準備して離れて、彼はとてもやせている顔が流れている汗をまとっ汗に濡れた服.私は米を连れて来る;私は米を连れて、1メートル打つ、糠が多く、機の時間が長くなり、ふるいが悪くなって、あなたは……晩……明日また帰ってだろう、あなたのお母さんは今日あなたに五叔做活の家.と父が言って";父親の目を見て、私五叔新築の家の敷地に、多くの人が、忙しい中、母も、私だけを見て彼女はかすかにの後ろ姿.私は父に答えます.

私は目の前の家の中で粗末な家を見て、父の汗濡れの姿、私の心は重くなって、重い私は呼吸ができません!これは長年にわたって、私が遊んでばかりいないで、私が賭けるしていた……もしかすると……逆に,私がフロント、踏むが鳴った車で,この時の私はもう滯在たいだけの車に載せて私の心が去って重い
.

Pは道も轢か、風も吹いている.ただこの車輪は、轢かの道、私の心、1寸1寸にしていないで、私の目の前の1片がぼんやりしている……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です