糖尿病今夜は相思月明

今夜月明を相思

淡い月の光のように、想いを出して、濃い皓皓、このように酔って、今夜は相思月明.

p>月下の女子<
;を待って、頭をかいてためらう、切実に目を落とす霧茫茫の江、時間は急遽、最終的には空孤独な帆掻き悪遇されて、赤の氷が滴り落ちるもみあげ.

それへと変わる相思.

については思い合って、知り合いのあの一年、靑梅時節の至る所に、蛙の声、西窓巧開の一瞬、愛情、そっと芽生えました、そこで東風画屏、紫竹传音、日で壊れ比翼連理の契.

かわいそう人情が薄くて、世情悪、最終的にはいつも山盟は,糖尿病、錦本難しい頼まれて、そこではついにから相思.

て回碧海青天夜夜心の孤独で寂しくて、いっぱい飲みました山重水覆の迷い、任意の時間を顔に刻印歳月の痕跡は風景胸滄桑の変の変化を経て、悔いないも悔いる、わがままにより,わがまま、最終的にはまだない思い合う苦しみで、誰がまた夕日の下での塀の上部分の題『女性が頭鳳』歌って愛情?相思は難解なのに、気になって、相思として、相思があった.

当時の光が経ち、石化風アクイラ、光陰は横暴非情な若さにピリオドを打つなら、日が情天も老いる、すべて成記憶に刻まれ埋め頭、愛情は一人歩き終わって巡回して、その時の憧れ回折まで筆で,またから思い合って、ただ靑春もう夢はない、色落ち.

私はそれを嵌めるに嵌めるて、問題の下を書きます.こんなに相思になってしまった.

今夜月明とりわけ相思!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です