懐かしく、糖尿病もうすぐ去る二月

知らないうちに、一日でした……この月も過ぎて……年,過去にも過ぎて……いつから好き颖儿バルコニーに立って外を見ての風景を見ていて、慌ただしくて過ぎて人々に推測する、彼女たちの今の気持ちを、彼らの生活、そして彼らを見ていて消えては角……

昨夜,一つの地方で働いているクラスメート、袁、歩いて、私たちは仲の良い学友小集って、それは袁さんに送りましょう、みんな集まりました多くの回が、今回では一番楽しい一度、みんなを見ていて食卓を囲んで座る、お酒を飲み、遊び、言葉に花が咲く、突然心の中は少し小さい憂いと悲しみを知らないで、いつかあなたの左に、私は右に、お互いの生活の中に消えない、少しの痕跡……

私は本当にとても奇妙な生物で、まだお母さんの言う1句話:人は地理仙、一晩中に1千千を見ません.道理があるようですね!

昨日と今日の距離はわずか24時間,糖尿病、時間の支配下に、袁と私たちは各距離、千裏の道に長い、いつの日かに再会して、手を振って颖儿を老さんは頑張って、希望は無事 !

Pは窓の外、遠くの余光、正面から吹いて来るのは淡い清新で、涼しいね!

もう春だ、風はこのように遠慮なく、私は室内から出てきた温もりを吹き飛ばす、服を吹き払う、何の温度も増加しない、部屋に戻って、窓の外は寒くなった……颖儿懐かしい、もうすぐ去って行く二月!

颖儿随想2015 .に. 28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です