夢は心の糖尿病間、最初の自分を忘れないで

夢にはクチナシの味、歳月が流れて悠、心の音、時の足音を聴くと…

穀川の中に流れる

の曲がった小川,発祥は無名のふもと、知って遠方の目的地が,好奇心に迫られ、それが遠く流れの勇気、その記憶力、ある人は言って、堅持してやっと到着汪洋海しかないので、、つまりはペースをふらつく、それも笑っている前に、後ろを巻き起こしてひとしきり水しぶき、長距離の歩みを疲れて、それから寝ました…夢、自分の夢、自分の広大な宇宙には,糖尿病、後ろには、五彩浪花、1つは、自分の歓声を伴う……

垂涎の生活、あれは垂涎の生活、何度の悲しみを、黙々として守り抜く、最初の夢に換えてもいいです
.

かも知れない、夢はしょせん夢夢が覚めし、目の前の景色が、終わりの見えない河岸それは疲れたが、それは知っていて、身の回りの景色が更に美しくて、ただ旅の派手な、自分に永遠に不可能にとどまり、足どり軽く、ゆるやかに流れ、直面するのは今という無限の岸辺.

私は知っていて、目的は気軽に達成することができて、世界は大きい、人はとても小さくて、私達はすべて平凡な人で、できて、自分で、ただ自分、これだけで.

暦春去秋来雲を眺めて、雲、観世事変化、四季を経由して、中に歩いて、行くのは道、品の気持ち.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です