冬の糖尿病

文(のちの嵐陈贤忠)

は南方の私生活の接触、雪には、言うことができるのは一面の空白、いや!きのう、遠くない広州を迎え、60余年の最初の雪、広州の降雪、本当に珍しい、緑の植物といつものようになり、白い.私は少し驚いて,目の黒いうち、珠江デルタでは感じることができる雪の多い年は麦は豊作の光景.

人生はあまりにも多くて、あか抜けしてみてください.

私は年前ある冬、私は北方に出て、ちょうど同夜に1度の雪、あの情景、まだ深くしるしは脳裏にアザて、昨日広州の雪、私の記憶を呼び覚まして.かすかに雪のかすかなきらきらして、そのようにして、私を綿綿の景に陶酔させて中.

雪は大自然の人類にあげる恵み、飾って純白の世界はどんなに暇がなくて、あるいはフェンヤン、または墜落し、その美しい姿を、いつも人に親近感がなく、微妙な衝動はそれを見て、光の屈折のような、私に足を踏み入れた清涼世界、抱いて激情.

生命の旅、ある章思い出があれば、それはもう一つの章だって!

雪見は1部の期待も気持ち.イノセンス精霊の降臨、あの感じ、どんなにすばらしいことで,どれほどの喜びで.自らを見て、雪は瞬間に咲いて、またどんな清雅は、瞬間無痕無跡地が曇るとその命はなんと短い.

" p
"は,糖尿病、溶けては、少なくとも、"良い兆し"として、少なくとも、私は短い安らぎ、少なくとも、最も美しいものは自分の目の前で発生したことがある…….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です