人生論論文を感慨深い

Pは人生の作文

と感慨

差出人:シェール<1183175651@qq.com>

P人の一生は長い、三万日しかないんだ、私たちに心を込めて生活させて.

世界でこんなに多くの人が、心にはあなたの!彼らはあなたの幸運だと知っている.怒りは何のメリットもない、早く捨てて!もう、来ないことには、無意味な追いかけはしないで!そのために疲れた時、他人も疲れているかもしれない.

君は止まり、どこに置いても、いつも発見、天は崩れて、人が弱い心は耐えない、世界はずっとすべて人の祥雲にたなびく、天はいかなる一人にも不公平ではありません.人を大切にする、もっと高く高くて、もっと遠くに歩いて、自分を大切にする、生命をさらに彩り、もっと余裕がある.生活には、私たちの真実の気持ちは完璧に完璧ではありません.夢を実現することで健康を失い、栄誉を持って負担してとても重い.世界には無欠がなく、すべて生命の最も美しい絵巻になっています.人の一生はとても短くて、人各有所求、各が誌、様々な生活小天地、それぞれ各生命軌道.世の中にはない完璧な自分、学会に紛らす苦悩、幅は人に接し、上見れば及ばぬ事の多かりき笠着て暮らせ己が心に;起きて半畳、寝て一畳意誌の強い.何事もないもともと葉わない非望、生活の経験は私達に教えて、期待が高いほど、失望も高く.そんなに高くないと、かえって満足しやすい.一人で満足でき、彼の精神は明るく、愉快である.そんなに高くないと、かえって満足しやすい.完全を求める必要はないことを求めて満を含むと仕事.私たちは、他人と比較する必要はありません、他人とは統一する必要はありません.一人一人は自分の人生の軌跡、すべてすべて完璧ではありませんが、すべての生活はすべてその楽しみを享受して、中の過程と楽しみを享受します.人生の道中、多かれ少なかれ、あるいは瀋あるいは瀋て、あれはどんな心理状態を見て、簡単に真実で、平板はあっさりして、張楊、張楊に行きません.人はこのように、同じ目、どんな見方も、同じような耳、

pは―様の聞き方.人にはそれぞれ、空、または曇りまたは晴れ、人にはそれぞれ、思い出とか、あるいは淺い深い、すべての人、すべて1段の感情、あるいは薄くあるいは濃くて、必要がない人を慕って、自分に過大な要求をする必要はない、いくつかの悩みを舎て、ときときこそ、云淡风轻のチャンス.

学校:石景山教育分院の付属小学校

クラス:(4)(4)(4)

名前:胡雪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です