糖尿病はどんな症状がある?

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

糖尿病になるのは、いろいろな原因があります。特に生活習慣病で糖尿病になるケースが多いです。高齢化、都市化による食生活の変化と運動量の減少により、ライフスタイルが不健康に偏っていることが指摘されています。

精製炭水化物の過剰摂取による、日常的なブドウ糖ミニスパイクとインスリンの分泌こそが、糖尿病がこれだけ増えてきたことの元凶です。脂肪を多く摂りすぎることで、インスリン抵抗性の状態が引き起こされてしまい、血糖値が上昇してしまう原因になります。

糖尿病の初期症状
糖尿病の初期症状は仕切りに多量の尿が出てきます。やたらに喉が渇くになり、何もしないに体重が落ちてきました。これらは糖尿尿の典型的な症状です。

運動する時には異常な状態で、喉が渇きました。激しい運動のあとは、2リットルは飲んでいました。脱力感がひどくなり、糖尿病による疲労感や脱力感は高血糖や低血糖の時に現われる症状です。

ものすごく疲れやすく、眠くなります。仕事中でも無意識の位置に居眠りをしていました。その他、手足がしびれる・下腹部がかゆい・肌の乾燥が気になる、かゆい・視力が落ちた気がする・立ちくらみがある・甘い食べ物や飲み物が急に欲しくなる・ちょっとした傷ややけどの痛みを感じないなど多彩な症状があります。

これは糖尿病の症状です。以上の違和感を感じた時にとるべき行動はまず病院を受診しましょう。自覚症状が出たときには、すでに合併症が進んでいることも少なくありません。放置すればするほど、治療が難しくなる病気です。

例えばシアリス20mgを週末の金曜の夜に服用すれば、日曜日まで効果が持続するわけです。